ひと部屋リッチ「リビングリッチ編」

ひと部屋リッチ「リビングリッチ編」

リビングリッチ編

いつもくつろがれるお部屋をお客様によく似合ったリッチなリビングへ

日当たりもよくいつもこのお部屋でくつろがれたり、お客様を迎えられるお客様。典型的な30年前くらいの応接間スタイルのお部屋をお客様によく似合ったリッチなリビングへ。ひと部屋リッチ「リビング編」です。

施工前

こちらの台所を一度室内を全て解体してしまい、下地からやりかえ、断熱材を施し快適な空間へとリフォームします。

解体工事

ひと部屋リッチ「リビングリッチ編」ご提案内容

ご提案イメージ

洋室を和モダンにリフォームします。
床材はウッドワンのピノアース。もちろん無垢材です。そして和風への演出として真壁に見えるように付け柱や付け鴨居を施します。腰板やオシャレなドアで全体を上品な雰囲気になるよう意識しました。

天井

天井は和モダンを意識し、今回も檜の無垢材を採用。

間取り

玄関側へ畳一畳分広げましたが、どうしてもぬけない通し柱がありましたので、あえてそれを活用。4方から檜のうすい無垢材を貼り、元々のこの柱を太い檜として演出します。

窓

大きな4枚ガラスの掃き出しサッシがありましたが、このサッシを外部はアルミ、室内側は樹脂という類いのものへ変更します。そうすることにより熱や寒さがお互いに通じにくくなり、快適な空間がつくりやすくなります。
ガラスは熱いという温度を伝えにくいLow-Eのタイプを採用。特殊な塗装が塗られていて熱を伝えないのです。

仕上がり

完成です。とってもリッチな和モダンなお部屋になりました。