社長の日記「つみかさね」

社長の日記「つみかさね」
12345...

2014年10月30日

変化について

「変化」は私が最も重要視しているキーワードの一つでありますが、変化ということに注目して世の中をみていると、社会のあらゆる所で変化はすごいペースで行われています。

例えば再生エネの電力買い取りの問題。去年まではイケイケでしたがもうこれは危険信号、さっそく仕組みを変えようとしたら猛反発、また少し方針を変えるようにみせていますがジリ貧は否めないでしょう。

ファストフードのメニュー、マクドナルドなんて前を通るたびに大きな垂れ幕が変わっています。確か、今は昼マックでしたか。

1000円の散髪屋さんに行っているんですが、先月から1100円になり、手間の解消かレジで1100円の金券を買うシステムになっています。

大きければ変化は少ないのかというとそんな事はなく、国の施策でも補助金でも普段の生活にはほぼ影響しませんが、私も仕事に関係のある分野だけは意識してみてはいますが官僚は次から次に出します。

うちの娘も以前は必ず「ママ」と言っていたのに最近は「お母さん」という。ちなみに私はパパのままでありますが。

何から何まで変化してきている今の社会。

この社会の変化の速度より、ほんの、ほんの僅かでもスピードがあると大きな結果が生まれるというのが私の持論。

社会の変化により、変化を意識しないでも言わば強制的に変えられる。例えば携帯からスマホのように、変化を享受するし、させられます。受け身です。

そう思えば変えさせられたら得られないのではないでしょうか。

自ら変わったら得るものは多くあり、社会の変化より僅かに早く変わっていくと大きな成果が生まれる。

オレンジナイトにおいてもそうだなぁと思います。

チラシも変わっていますし、営業手法も変化しています。個々の営業マンが使うプレゼングッズも昔と同じではないでしょうし、商談時のトークも刻々と変わっていっているはず。

その変化が社会より少し早いと売れっ子になり、遅いと売れない。

そう思えば営業マンも会社と同じでありますね。


変化が早い会社は成長する、その変化には伴わなければならない中身も同時に変化しているということだからでしょう。

いつまでも変わらない会社は消滅する。

何かに書いていました。伝統は革新の連続であると。老舗であるその店は変わり続けたから江戸から続いているのだと。

昨年お亡くなりになられた春山満さんが書いておられました。「海老は全力で殻を破る。生まれてから何度も何度も精一杯の力をふりしぼり殻を破る。そして新しい自分になり成長する。そして海老の一生はその殻を破る力が無くなった時に終わる」と。

私はその言葉に感銘を受けました。

あと二日でオレンジナイトの第七期が終わります。

月末期末さらに自らを追い込み、そして来期はもっともっと変化していく自分を創ろう、今に感謝は大いにあれど満足などこれっぽっちもありません。

「変化」をテーマに書かせていただきました。






posted by orangeknight at 15:33

2014年10月29日

明後日のチラシ

明後日の新聞折込みのチラシが昨日あがってきました。

写真 のコピー 9.JPG

写真 のコピー 8.JPG


今回はTOTO特集、11月1日(土)には姫路の市川インターの北にありますTOTOショールームをかりて今年最後のReform相談会を行います。

また、赤穂店においては10月31日〜11月3日の祝日まで、住宅設備機器の移動展示車を呼び、地元JAさんにも協力していただいたイベントを開催します。

そして、今回はほとんどのお客様がおそらくご存知ないと思われますがとても良い商品であるTOTOの光触媒の塗料を、塗装工事を販売していきたいと考えています。

単純によく耳にするフレーズ「ずっとおうちがキレイままだったらいいのにな」このお客様の夢をオレンジナイトが叶えていきたいというのが発端です。

光触媒というのはもう一般にも認知されている技術、これを応用した塗料をTOTOが作っているというのはあまり知られていないのが事実。

また、世の中にも光触媒の塗装工事も多くでまわっていますが、この手の類いの商品はまがい物が多いのが現状です。そんなところにTOTOがもう20年も前からこのような商品を出し、研究をかさね徐々に広まりつつあるという話を聞きました。

TOTOといえば水廻りのメーカーなのでそちらに関しては絶対的な知名度がありますが、塗装の方ではまだまだ。しかし、十分な実績も出しているし、オレンジナイトの想いはこのような良い商品を赤穂から加古川までで知ってほしい、そして、オレンジナイトの今後の塗装のフラッグシップとして確立させたいと思っています。

外壁がずっとキレイままって嬉しくないですか。

自分のおうちがキレイなままというだけではなく、太陽光が外壁にあたることによる化学反応でおうちの周囲の空気を浄化させるって頼もしくもあり、素晴らしいことではないですか。

これはお客様に喜んでいただける商品だと直感しました。

何年も経ってからお客様があの時「光触媒外壁塗装工事」をして良かったと仰ってもらえるようすすめていきたいなと思っています。

今回、この新商品を販売、そして施工するにあたり、うちの全ての営業そして塗装の親方や職人はTOTOの勉強会を受けました。

この研修を受けないと施工をしてはいけないくくりになっていますし、全員で良いものを確実な施工で提供したいと考えております。

IMG_6225.JPG

IMG_6259.JPG

IMG_6988.JPG

IMG_6994.JPG


今回のチラシの合成に使った写真です。

協力はオレンジナイト協力業者会会長の長郷親方

IMG_6768.JPG


いつもニコニコと顔はこわいですが気持ちは優しい成田親方

IMG_6716.JPG


そして私

IMG_6582.JPG


空を飛んでいるような合成にしたかったのでベニヤを敷き寝転んで撮りました、お客様相談室・夢かなえる支援室室長の原

IMG_6527.JPG

IMG_6513.JPG

IMG_6547.JPG


たくさんのお客様にご提案させていただければ幸いです。よろしくお願い致します。

IMG_6370.JPG










posted by orangeknight at 07:48

2014年10月28日

いつの頃からか

昔は自分のことを悪く言われるのがたまらなく嫌だった。

いや、若かりし頃の私は自分のことを悪く言われることを恐れていたような気がします。

いや、今現在も好き好んで悪く言われたいとは思いませんし、なんなら良いように思われたいですし、良いふうに言ってほしいという気持ちはある。

しかし、少々誹謗中傷されても何も感じなくなったというのが今の状態です。

なぜかはわかりませんし、特に何かきっかけがあったんではないと思います。

私のことをこういうふうにどこどこの誰々が言っている、というような話がちらほら耳に入ります。

それ自体も証拠があるもの無いもの様々ですし、その話の内容のほとんどが事実無根、どこからその話が!?と思いますが、いつも笑ってしまいます。

何も感じなくなりました。

あの、昔の気分の悪くなる感じはどこにいったのか。今はすごく不思議な感覚です。

会社の中で私のことを悪く言うのはそもそも筋が通らないことですから受け入れられませんが、外の人は自由です。

私の事を好きな人もいれば嫌いな人もいる。それが自然でありますし、嫌いだという人の意見を聞くことも大切です。

あんたが嫌いなら私も嫌い、では前には進めませんし、そこから得られるものもあるとすごく思うようになってきました。

そもそもなぜあった事もないような人や、私の本当に考えていることがわかっていないような人が否定や評論してくるんでしょうね。でも、それが人間というものなんでしょうか。

しかし、話題になっているうちが花ですし、私の話がでるということ自体がその人々に認められているということだと思います。関心がなかったら話題になりませんからね。


本当にいつからかなぜだかわかりませんが、腹も立たなくなりました。

楽になりました。

評価はされて当然ですから。

私のことは嫌いになってもオレンジナイトのことはずっと好きでいてくださいね!笑 と思っています。








posted by orangeknight at 20:29
12345...
ページトップ