個別指導 魚住リフォーム塾

個別指導 魚住リフォーム塾

「リフォーム工事」というコトに対し、多くの方々に一層関心を持っていただきたく、こちらのコーナーを始めました。
リフォームってわくわくするものなんです。本当に楽しいものなんです。
そしてそんな仕事を生業にしている事を誇りに思って取り組んでいます。
そんなリフォームのいろんな事を、20年間現場でやっている目線でお届けできればと思っています。

2021年05月12日

セミナー83「トイレの排水芯 その3」

ちょうど排水芯の説明に適した現場をいただいたので、こちらのトイレの取替え工事で具体的に説明します。

 

お客様から「かれこれもう20年以上使っているトイレを新しくして」と言っていただきました。昨日です。

 

そして今朝、工事をさせていただいた現場です。

オレンジナイト姫路本店から徒歩2分。ご主人様が生前のときから、いつも私にご依頼いただくお客様なので、最優先で施工しました。

 

 

施工前

排水芯を計りました。

 

トイレ 排水芯

 

トイレ排水芯

 

大きい方のキャップの位置で、壁から何センチかと見ますと、明らかにリフォームタイプでした。53センチです。

 

トイレ排水芯

 

 

既存のトイレを外すと配管はこうなっていました。

 

トイレ 排水芯

 

トイレ 排水芯

 

キャップの位置に穴がありますよね。

 

 

次にこの穴に合わせてリフォーム用の配管をセットしていきます。

 

トイレ 排水芯

 

トイレ本体の配管に合わせてアジャスターで調整します。

 

トイレ 排水芯

 

水の流れとしてこうなります。

 

トイレ 排水芯

 

 

本体をセットします。見えないところで先ほどの配管が写真のようになっているんですね。

 

トイレ 排水芯

 

 

このリフォーム用の配管があるから床を一度解体しなくてもいいですし、トイレ本体を元と同じ位置に設置出来るんですね。

 

 

こちらがリフォーム用の配管です。

 

排水芯

 

 

こちらが標準の配管です。

 

排水芯

 

 

「早くにしてくれて〜。新しくなって気持ち良いわぁ」とお客様には仰っていただきました。

 

トイレ 排水芯

 

トイレ 排水芯

 

 

排水芯の話は明日最終話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by orangeknight at 12:51

2021年05月12日

セミナー82「トイレの排水芯 その2」

おはようございます、今日も曇りですね。では昨日に続いて排水芯でいきます。

 

まず壁排水についてです。

 

古いトイレがありまして、床排水の場合は排水の位置が見えません。

 

そんな状況で、排水管のある場所を知る必要があります。なぜなら新しくするトイレの排水の位置と合わす必要があるからです。

 

では、どこにあるのか。

 

それはここを調べます。

 

まず型番。これがまだ見える状態でしたら、それをネット検索して、その便器がどういうものかを調べます。

 

そして、もう一つ。写真のようなキャップを目印にする方法。キャップの中には本体を固定するネジがあります。そして、このキャップの真横に配管があるのです。

 

排水芯

 

 

 

まず先に説明します。排水芯には主に2つのパターンがあります。

 

1つは下の絵の排水芯の距離が20センチのパターン。私たちはミリで話をするのでこのようなトイレを排水芯200ミリ、または標準と呼んでいます。

 

排水芯

 

 

1995年以降に新築されたり、リフォームされたおうちは(床からやりかえたリフォーム)、この頃から主流になったこの排水芯が採用されています。

 

2つ目のパターンは排水芯の長さがさまざまという場合です。

1995年より前のおうちはそんな規格もなく、トイレにもいろんな排水位置があり、職人さんもある程度フリーで配管を仕込んでいました。

そんなパターンのトイレをリフォーム用リモデルタイプなどと呼んでいます。

 

それを調べるのに先ほどのキャップの位置を使うのです。

 

例えばこのような場合。

 

排水管があると想定される大きなキャップの位置から壁までの長さを測ると約20センチ。これは排水芯200ミリ標準と判断し、それに対応したトイレを選びます。

 

排水芯

 

 

このような場合。

 

排水芯

 

排水芯

 

壁から20センチ以上キャップの位置が離れているので、選ぶトイレはリフォーム用リモデルタイプとなるのです。

 

 

トイレの中はこのようになっています。

 

こちらが排水芯200ミリ、標準の場合の配管です。

 

排水芯

 

 

そして、リフォーム用の場合の配管はこのような形状になっています。

 

排水芯

 

 

リフォーム用はアジャスター式になっていて、トイレの排水の位置と床の排水の位置を繋ぐことが可能なのです。

 

この必要があるのでトイレの選定のとき、排水芯は事前に把握しておく必要があるのです。

 

 

ややこしいですね、排水芯。リフォームの営業担当者でもたまに間違います。

 

ちなみに排水芯でトイレを選ぶと言いましたが、1種類のトイレで排水芯が標準、リフォーム用のどちらもあるんですよ。

 

PanasonicのアラウーノS141が欲しいとなった場合も、そのトイレの標準タイプかリフォームタイプかを選ぶんですね。

 

 

では、今日もここまでにしていきます。

 

排水芯には主に2つのパターンがあるという話でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by orangeknight at 07:53
ページトップ