個別指導 魚住リフォーム塾

個別指導 魚住リフォーム塾

「リフォーム工事」というコトに対し、多くの方々に一層関心を持っていただきたく、こちらのコーナーを始めました。
リフォームってわくわくするものなんです。本当に楽しいものなんです。
そしてそんな仕事を生業にしている事を誇りに思って取り組んでいます。
そんなリフォームのいろんな事を、20年間現場でやっている目線でお届けできればと思っています。

2021年05月17日

セミナー86「トイレのリフォーム トイレのドアを変更」

昨日、先週に施工させていただいた、こちらのおうちのトイレのリフォームのことを話させていただきました。

 

トイレリフォーム

 

 

今日はこちらのドアのお話です。

 

 

元々はこのような感じで内開きだったのです。

 

トイレリフォーム

 

トイレリフォーム アウトセット

 

 

やはり出入りしにくいですし、トイレの中で万が一倒れたときなどは救出が困難となりますので、ドアも変えるようお勧めしました。

 

単純に外開きにしたいところですが、トイレのすぐ外には洗面があり、その横にはお風呂となっていて、外開きにするとドアとドアがガッチャンコしてしまう可能性が非常に高いので、それは最良の選択肢とは思えません。

 

そこで引戸をオススメしました。

 

ただ、このようにトイレのすぐ外に洗面台があり、幅いっぱいに設置されていますので、引戸を引き込む余裕がありません。

 

アウトセット引戸

 

 

そこで、トイレの室内側での引戸ということで考えていきました。

 

 

トイレリフォーム 姫路

 

写真の壁収納はなくなりますが、新たに手洗い収納が付きますのでカバーできます。

 

 

このようになりました。

 

トイレリフォーム アウトセット

 

トイレリフォーム

 

トイレリフォーム

 

トイレリフォーム姫路

 

トイレリフォーム

 

 

通常の引戸はドアの厚みだけ壁が薄くなっています。引き込むスペースがいるからですね。

 

リフォームで後から引戸にする場合は、このように既存の壁に鴨居を付け、その鴨居から新たな引戸を上から吊るすようなこともできます。

 

アウトセット引戸

 

アウトセット引戸

 

アウトセット引戸

 

 

これをアウトセット引戸と言います。

 

今回のトイレのような引戸ならアウトセットの上吊り引戸と言うんですね。敷居が無く吊っていますので。

 

 

お客様からも使い勝手が良くなったわと仰っていただけました。

 

ドア1つでもいろんな方法があります。それによって現状より快適になればリフォームをした甲斐がよりありますもんね。

 

 

トイレのリフォーム、そのドアに関する話でした。

 

 

トイレリフォーム

 

トイレリフォーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by orangeknight at 18:59
ページトップ