個別指導 魚住リフォーム塾

個別指導 魚住リフォーム塾

「リフォーム工事」というコトに対し、多くの方々に一層関心を持っていただきたく、こちらのコーナーを始めました。
リフォームってわくわくするものなんです。本当に楽しいものなんです。
そしてそんな仕事を生業にしている事を誇りに思って取り組んでいます。
そんなリフォームのいろんな事を、20年間現場でやっている目線でお届けできればと思っています。

2021年06月19日

セミナー104「防蟻処理はこのような感じで行います」

シロアリのシーズンなのでもう少しシロアリについて話をします。

 

防蟻処理を施す際、このようなガンで噴霧します。

 

レバーをゆっくり握るとポタポタと出始め、ギュッと握るほど遠くに、強く噴霧されます。

 

シロアリ被害

 

 

私の勇姿です。

 

シロアリ被害

 

 

土壌には散布するだけですが、被害のある木部には注入もします。その際、被害のある場所周辺にこのようなドリルで穴を開け、そこからも注入します。

 

シロアリ被害

 

 

 

被害のある木部周辺は木の中でシロアリが暴れていて、いくつも通路を作っています。

 

なのでこのように穴を開けたところから薬剤を注入しますと、

 

シロアリ被害

 

シロアリ被害

 

シロアリ被害

 

木の内部の道を伝わり他の場所から出てきます。

 

IMG_8741

 

シロアリ被害

 

シロアリ被害

 

 

薬はこのように車に積んだタンクの中に入れており、モーターでホースへ送り、散布しています。

 

IMG_8467

 

IMG_8466

 

基本どこの会社も同じようにしていますし、色も乳白です。使用する薬剤は会社によって異なっています。

 

シロアリ被害

 

IMG_8817

 

 

誰が施工しても同じではなく、資格を持っている人にしてもらわないと保証がでません。現在は5年と決められています。

 

私は施工を初めて見たとき、どれだけたくさんの量をまくのかと驚いたものですが、床下の土壌などはビショビショになるくらい散布します。

薬の層を作り、バリアしているのだそうです。

 

そして、今の薬は良くできていて、シロアリが巣に持って帰り、巣ごと全滅するような仕組みにもなっています。

そんなこんながあり、やはり経験値のある人に施工してもらうことが全滅への絶対条件だと思うのです。

 

 

シロアリをあなどっていてはいけません。家ごとダメにしてしまうくらいの破壊力を持っています。

 

防蟻処理の様子についてでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by orangeknight at 14:34
ページトップ