個別指導 魚住リフォーム塾

個別指導 魚住リフォーム塾

「リフォーム工事」というコトに対し、多くの方々に一層関心を持っていただきたく、こちらのコーナーを始めました。
リフォームってわくわくするものなんです。本当に楽しいものなんです。
そしてそんな仕事を生業にしている事を誇りに思って取り組んでいます。
そんなリフォームのいろんな事を、20年間現場でやっている目線でお届けできればと思っています。

2021年06月05日

セミナー95「瓦止め工事」

瓦が年数と共にグラグラずれてくることは普通にあります。

 

特に和型の瓦は、全て釘で打っているのではなく、屋根に乗せているだけですので、どこのおうちでも引力により30年で全体的に経験上2センチくらい下がっています。

 

それを一度、一枚一枚少しずつ上に押し上げ、できる限りまっすぐに並べ、瓦専用のコーキングで固定し、これ以上の傷みが出ないようにする工事を瓦止めと言います。

 

例えばこのようにグラグラしている状態の瓦。

 

IMG_8054のコピー

 

 

このように整えて並べ、止めていきます。

 

IMG_8326のコピー

 

高いところだけを止めていることが重要で、全部をコーキングしたら雨水が逃げないので雨漏りの元になるんですね。

 

1のコピー

 

 

ちなみにこの瓦専用コーキング、弾力性がありそれが持続します。なので多少の地震があってもそれが粘り、屋根瓦が落ちるのを防ぐのです。

 

 

ぷにっ

 

2のコピー

 

 

瓦止めという工事も屋根を守ったり、雨漏りを絶対ではないですが止める工事の候補の1つとして、お考えになられてもいいと思います。

 

けっこう万能な工法だと思いますよ。

 

 

IMG_3984のコピー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by orangeknight at 07:36
ページトップ