2020年07月23日

コロナでもリスクをとるんです

セミが鳴く。いつもの夏と同じようにセミが鳴く。

 

しかし、いつもの夏とはいろんなことが異なる。

 

本来ならオリンピックで今日など最高潮に盛り上がっていたはず。甲子園も近づき今頃ワクワクしていたはず。

 

 

今年の夏はあまり出歩くなと言う。コロナの第二波だという。

 

私はコロナはたいした病気ではないという論者です。それよりそれで恐怖を煽り、国民を洗脳し、その先でますますはびこるリスク回避の社会の誕生が怖い。

 

なんでもかんでもイベントを中止にしてほしくないと願う。当然当事者になったら責任問題があるからビビるのは理解する



 

しかし、何もしなかったら何も起こらないが、そこでリスクをとらないことにより、リスクをとったが故の失敗よりも大きなものを逃していないだろうか。

 

 

そこのバランスって、判断する上でとても大切だと思いますし、失敗を恐れない社会でありたい。

誰かの失敗を、挑戦もしていない人が糾弾するような社会にしてもいけない。

 

 

繰り返しますが、リスクをとらないと失敗もしない。それに伴い成功もしない。無謀はいけませんがリスクは挑戦です。

 

特に大人は子供たちへリスクをとることを教えてあげる必要があるのではないか。

 

なんでも安全パイ、無難、では胸が熱くなったり、涙がボロボロ出るような感動も味わうことが出来ないと私は思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by orangeknight at 10:11
ページトップ