社長の日記「つみかさね」

社長の日記「つみかさね」

2020年08月13日

姫路市飾磨区でお風呂、洗面、トイレのリフォーム ダイキンカライエも採用

こちらも昨日に完工した現場です。

 

姫路市飾磨区でお風呂と洗面室、トイレと廊下のリフォームでした。

 

以前からのお客様で「お風呂をちょっと見てほしい」とお電話をいただき、伺わせていただくと「トイレも一緒にやろうか」となりました。

 

 

全てお任せでしたが、唯一「洗面所の湿気がひどいのが気になる」と仰られたので、その対策も考えさせていただきました。

 

 

施工前

IMG_8978

 

IMG_9518

 

IMG_9515

 

姫路市飾磨区阿成

 

 

施工中

IMG_9524

 

IMG_9522

 

姫路市飾磨区阿成リフォーム

 

姫路市飾磨区阿成リフォーム

 

IMG_9618

 

IMG_9718

 

姫路市飾磨区阿成リフォーム

 

IMG_9725

 

IMG_9822

 

トイレです

IMG_9572

 

姫路市飾磨区アナリフォーム

 

IMG_9620

 

光触媒コーティングも施工しました。

姫路市光触媒

 

 

施工後

姫路市飾磨区阿成リフォーム

 

IMG_9814

 

 

洗面室は湿気対策としてダイキンのカライエという除湿乾燥機を提案しました。

 

元はこんなに黒カビがありました。

 

IMG_9524

 

こちらがダイキンのカライエです。

 

ダイキン カライエ

 

姫路市飾磨区阿成リフォーム

 

室内の湿気を吸い取り、それを液体に変化させず、気体のまま屋外に放出します。乾燥させた空気は機械の下部から室内に出ます。

 

屋外はたったこれだけです。水が流れるわけではないんですよ。

 

姫路市飾磨区阿成リフォーム

 

ダイキン カライエ

 

湿度60%を保ち、自動運転となっています。

 

金額にしますと、工事費も入れて6万円くらいの商品です。

 

高いか安いかはこれからの嫌な湿気やカビがなどの解消度合いでご判断されると思っています。ぜひ、効果があったという空間に変化してくれたらと願っています。

 

あと、室内の床に物も多く置かれていたので、少しでも少なくするために洗面台にはアッパーキャビネットを付けました。

 

 

姫路市飾磨区阿成リフォーム

 

 

トイレはトイレのドアを外開きに変えたかったのですが、そうすると「トイレと洗面所と台所のドアがガッチャンコするから今と同じで考えてほしい」というご要望の元、プランを出させていただきました。

 

しかし、ドアが内開きでかつバリアフリーのおうちのトイレの最大の問題は「スリッパ」なのです。

 

スリッパを履くのも不便、特に脱がれるときに置き場を確保する必要があります。

 

こういったことは実際に使われるおうちの人の立場になって考えないといけないと思っています。冷蔵庫や生ごみのゴミ箱、テレビなどをどこに置かれるかを想定してのプランが思いやりです。仕上がりのキレイさや見栄えだけではないと考えています。

 

 

IMG_8981

 

 

トイレをタンクレスで全自動にし、手洗いを壁に埋め込むようにし、スペースをより確保するようにしました。

 

この壁の中に埋めます。

 

IMG_9521

 

姫路市飾磨区阿成リフォーム

 

IMG_9814

 

IMG_9820

 

IMG_9821

 

 

お客様には「とっても良くなりました。任していたら間違いないな」と仰っていただきました。

 

工事中に奥様が「毎日主人の帰ってくる時間まで待って、それからあかねの湯に行くのが疲れてきた」と言われていました。

 

快適なお盆休みをお過ごしいただければと願います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by orangeknight at 10:54

2020年08月12日

姫路市御国野町の現場での話

お盆までに仕上げますねと約束してお世話になっている現場が続々と完工してきています。

 

毎年のことながら、お盆と正月は現場のながれが一度止まりますので、調整が何かといると感じる休み前です。

 

 

こちらは姫路市御国野町の現場です。予定通りお盆までに終わりました。

 

こんなエピソードがありましたので思い入れが一層ありました。

 

浴室リフォーム

 

 

向かいに私の担当のお客様がお住まいで、そのお客様がわざわざ「紹介するね」と会社にお電話をくださいました。

 

「もしかしたら他にも見積りをとってかも分からないけど頑張ってね。それと、忙しいやろけど社長が行ってよ!」と。

 

 

そこからすぐにお向かいにお電話し、翌日に伺い、後日の見積り提出で、プランを少し変更し、再度の見積りとなりました。

 

そこからのこと。

 

 

その日も日曜日でした。

 

この現場での一番の私の想い出は「久しぶりに粘った」という事。

 

常連や紹介のお客様は見積り=契約なので、昔のようになんとかお願いしますというような商談はしばらくしていません。

 

しかし、プラン変更の見積りを提出したときご夫婦に言われたんです。

 

「悪いんですけど、他所にも見積りを頼んでいいですか。全く相場が分からないので」

 

心の中では気持ちは全然分かりますし、まだ50歳代でお若いし、おうちの工事にも慣れておられないのでと理解もできました。

しかし、紹介の案件です。

紹介いただいて、よそで工事をされたとなれば、お向かいのお客様の顔も立ちません。社長が行ってよと言われましたし。

 

まいったなぁと思いながら、しかし、「はいそうですか」となると3回も伺ったのに受注の確率が下がる。

 

しばらくあーでもない、こーでもないと話をしましたが本音をお伝えしました。

 

 

「ご紹介なので決めていただけませんか。他社にはうちより高いところもあれば安いところもあります。おそらく相見積りになれば金額勝負になるんです。そんな先で受注した現場はすごいハッピーにはなぜか終わらないのです。それと、リフォームを大満足で終わらせるには、担当者がほとんどを決定します。信じてください」

 

などと、久しぶりに熱く語りました。自分でも熱が入ってきたなと思いながらも、いくつか年下の私が生意気にも喋らせていただきました。

 

 

すると、しばらく。ご主人様と奥様は顔を見合わせて「任せよか」と言ってくだったのです。

 

 

嬉しかったです。

 

そして、「必ず毎日伺いますから」と伝えました。

 

なので、絶対に裏切るわけにはいかない現場となったのです。

 

 

 

約束どおり、全日伺いました。毎日「何か気になることはありませんか」と尋ねましたし、それ以前に私が厳しくチェックしましたし、微調整をしました。

現場に入ってくれた全員の協力のもと「頼んで良かったです。お風呂とトイレだけ別の家みたい〜」と奥様が笑って仰って下さいました。

 

 

お向かいのお客様に今日で工事が終わりましたと挨拶に伺いました。

 

「とても喜んでいただいていると思っていますからご安心ください」とお伝えしたら「良かった」と仰ってくださいました。

 

 

 

仕事をしているといろんな人の顔が浮かぶことがあります。

 

助けてもらっていますし、思い出がありますし、恩があります。

 

私は仕事をしていく上でそういったことを裏切らないということを絶対だと考えています。

 

筋とか、義理とか人情は人間だからこその感情です。

 

この先どれだけハイテクになってもここを大切にしていきます。

 

 

 

施工前

 

IMG_7509

 

浴室リフォーム

 

IMG_9353

 

 

施工中

IMG_9400

 

IMG_9398

 

浴室リフォーム

 

IMG_9612

 

ピアラ

 

 

施工後

浴室洗面リフォーム

 

浴室リフォーム

 

システムバス

 

 

施工前

IMG_7515

 

 

施工中

浴室リフォーム

 

浴室リフォーム

 

ピアラ

 

 

施工後

IMG_9771

 

洗面風呂リフォーム

 

 

 

施工中

御国野町 国分寺

 

 

御国野町エコキュート

 

 

施工後

御国野町国分寺

 

 

 

 

契約前にえらそうな事を語ったので、絶対に失礼のない現場をと強烈に思い取り組ませていただきました。

 

「任せよか」と顔を見合わせて仰っていただいたあの時のことは絶対に忘れません。

 

 

仮に金額で選ばれていたのなら、私は毎日来ることもありませんでしたし、ここまで気持ちは入らなかったでしょう。

 

恩返しをきちんと出来て義理を果たせて良かったです。

 

 

IMG_7509

 

浴室リフォーム

 

 

IMG_7515

 

IMG_9771

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by orangeknight at 12:04

2020年08月10日

シリーズ「リフォーム屋の社長のうんちく15」

問題です。和室の畳の並べ方、AとBどちらが正解でしょうか。

 

A

畳 床指し

 

 

B

床刺し

 

 

 

知っている方には簡単な問題。でも、何気にそこを意識しないと全く分からない問題だと思います。

 

では、正解は

 

Bです。

 

 

床の間の前の畳が違うんです。

 

Aは床の間に向かって畳が垂直になっていますが、これは床刺しと言って縁起が悪いものとされています。

 

なのでBのように畳を床の間に対して並行に敷くのが慣習となっています。

 

畳しき

 

 

 

天井も同じです。和室の天井の板も、床の間に向かって垂直には貼りません。それが竿縁なら竿を床と並行にするものです。

 

いろいろと当たり前とされていることってあるんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by orangeknight at 21:46
ページトップ