社長の日記「つみかさね」

社長の日記「つみかさね」
12345...10...

2013年03月31日

明日からホームページが変わります!

告知ですが、明日からオレンジナイトのホームページが刷新します。

検索は「オレンジナイト 姫路」「オレンジナイト 赤穂」「オレンジナイト リフォーム」などでお手数ですがお願い致します。

まず、僕や現場のブログですがツイッター(twitter)と連動させていただいています。

もしtwitterをされておられる方はフォローしていただければ幸いです。

ブログは「さくらのブログ」というプロバイダーに変えました(企画管理課の柴田が準備をしてくれたので、よく仕組みがわかりませんので、表現が間違っていたらすみません)。今までと字体や写真の配置に慣れていないので、当初読みづらいかもわかりませんがご容赦くださいね。

そして、毎日うちがさせていただいている工事の様子をお届けしている現場レポートは今後「オレンジレポート」ととして、より一層皆様の興味のある工事種別に分かりやすく並べていますので、より楽しんで、また少しでも参考になっていただければ嬉しいです。

フェイスブック(Facebook)は少しづつ形が作れていったら良いかなと作成中ですので、まだ不完全だと思いますが中身の濃いものにしたいと考えています。

ぜひ、これからもオレンジナイトのホームページをよろしくお願いします。


posted by orangeknight at 15:11

2013年03月31日

新店舗応援会にて

IMG_1742.jpg
IMG_1755.JPG

IMG_1754.JPG

IMG_1733.jpg

昨日は新たな姫路別所店に行くメンバーを激励するため、また新年度からも頑張るぞという意味で、社員全員で集まって新店舗応援会をしました。

一年前にした赤穂店の時より人もだいぶ増え、そろそろ居酒屋では自由がきかなくなってきたのが、ありがたい悩みです。

まず、僕が乾杯の合図をとり、始めさせていただいたのですが、しばらくして驚くことに、「オレンジナイト HAPPY BIRTHDAY」と書かれたケーキと、うちの会社のイメージキャラクターである「シカちゃん」の顔の形をしたケーキが登場してきました。

本社の沼田と金丸が大きな箱を持って、僕のほうに来て開けてくれというので箱をあけると、そこには今まで見た事もないような、食べるのがもったいないようなケーキが姿を現しました。

感動しました。みんなを激励するためにした会なんですが、新社名オレンジナイトや姫路別所店の誕生を社員が祝ってくれるということにジーンときましたし、ここしばらくで一番嬉しかったです。

こんなとき、毎日きついことばっかり言ってゴメンナ(笑)と思いますし、毎日毎日いろんなことがありますが、頑張っていて良かった、会社していて良かったとすごく感じます。

逆に僕が力をもらった会だったと思います。

姫路別所店に行く、店長の平本から順々にあいさつをしていきました。

発言の内容が皆頼もしく、ただの美辞麗句ではなく心のある言葉ばかりでした。

そういう集団を目指していますので、聞きながら今伝わっていることに胸が熱くなりました。

みんなとても楽しそうにご飯を食べ、お酒やジュースを飲んでいました。

そんな姿を見れて幸せを感じますし、仕事をいただけているからこんなことができるんだな、そして、こんな社員たちが集まってきてくれるから自分の好きななようにしていけるんだなと心から感じました。

いつもみんなに言っています。「人にこうこうしてあげていると思うから腹も立つし伝わらへんのやで、自分がしたいからしとんやと、そう思えば自分も成長できるし、まず相手をせめるより自分を顧みよ」と。

そう教えている僕自身が以前はとてもそういう想いの強い人間でした。「これだけしてあげとんのに…」とか「なんで、こんなに言うたっとんのに伝わらへんの?」とイライラしていました。

今はそういう思考は意識して、前述のように自ら考え、社員にもそうするように言っています。

昨日の会のみんなの様子、そして発言から、まだまだ発展途中ですが、そういう自責の念であるとか、利他の心を持って接すればやっぱり伝わるんだなぁと思いました。日々勉強です。

とても良い会でした。ありがとうございました。

posted by orangeknight at 13:39

2013年03月29日

全員揃うのは最後

3月も終わりですね、おかげさまで今月姫路本店、赤穂店共に目標受注額を達成させていただきましたので、規定どおり最終日の明日は営業課は休み、自由出勤となります。

姫路別所店へは、姫路本店から数人が異動となりますので、実質姫路本店で今のメンバーが全員揃うのは今日が最後です。

新店舗オープンと、希望に満ちた別れですが、一年前の赤穂店の時と同じ、何か万感胸に迫る思いです。

特に姫路別所店の店長として行ってもらう平本は、以前勤めていた会社からついてきてくれ、シカマ工務店として一緒に創業した合計10年間、毎日顔をみていた仲なので、行ってもらわないといけませんし、頼りにしているんですが寂しいです。

僕の近くにいて、僕の言いたいことを変わりに言ってくれるありがたい存在でした。

そういう人がいると本当に、一言で言うと僕自身が「救われるんです」。

歯に衣着せぬほうですが、これでも皆は言っていません。

また、僕が言わないほうが効果的なことも多々あります。


彼と初めて一緒に外回りをしたのは僕が24、25歳のときでした。場所は太子町の矢田部、景色も鮮明に覚えています。

スタスタ歩く僕の後ろをついてきてもらいました。相当な距離を歩き回り営業するので、絶対に初めての人は足腰がいたくなりしんどいはずなんです。おまけに大量の広告が入ったかばんももってもらっていました。

「平本さん、しんどくないですか?」と何度聞いても「大丈夫です」の返事しかありませんでしたが、後に平本は言っていました。「実はあのとき異常にきつかったです(笑)」と。

本当にいろんなことがありすぎて書き出したら夕方までかかりそうなのでやめますが、この春お互いにとっても新たなスタートだと思っています。

赤穂店の店長小林同様、うまく僕の想いや考えを店全体に伝えてくれること、そして僕もなりますので、より一回り大きくなってくれることを望んでいます。

もちろん佐藤や松岡、藤井そして奥田、中西、事務の山﨑など、他のメンバーも、毎日顔をみていたわけですから寂しくなりますが、同じ会社なので心を一つにこれからも歩んでいきたいなと心から思っています。

赤穂のときもそうでしたが、みんながみんな気持ちよく転勤してくれます。僕はこのことに関してもいつも感謝しています。

本当に春は、いろんな意味で別れと出会いの季節ですね。




posted by orangeknight at 12:01
12345...10...
ページトップ