社長の日記「つみかさね」

社長の日記「つみかさね」

2021年06月06日

セミナー96「屋根カバー工法」

写真は昨日のもので、私と仕上がった屋根です。

 

IMG_8636

 

 

ご依頼いただいていました、屋根の工事が終わりましたので確認してまいりました。

 

 

場所は姫路市青山、築20年のまだまだ現役のハイツです。

 

IMG_7954

 

ご依頼内容は「屋根がかなり傷んでいるようなので見てほしい」というものでした。

 

ご紹介でしたので私が伺ったのですが、今までに見た事がないような酷い状態でした。

 

築20年で、5年前に塗装をされているのです。それがこのような状態でした。

 

IMG_8116

 

default

 

IMG_8114

 

IMG_8115

 

IMG_8118

 

5年前に塗装をされているのにカラーベスト(屋根材)がこの状態。我々の常識からしたらあり得ないのですが、理由はこちらです。

 

IMG_8124

 

縁切りがされていません。

 

私が指を指しているところはカラーベストとカラーベストの重なっているところなのですが、くっついています。

 

屋根の塗装をするとき、特に2回目の塗り替えでは、この縁切りが非常に重要なのです。

 

この話はイメージしてもらいにくいので、次回にもっと分かりやすく書くことにしますね。

 

 

ではカバー工法での施工の本題に。

 

このように傷んだ状態の改修工事で最も多いのがカバー工法と呼ばれる屋根の重ね葺き(被せ葺き)です。

 

既存の屋根をめくらず、そのままの状態で下地として使い、その上に新しい屋根材を施工するというものです。

 

 

工程としましては、まず足場を組み、高圧洗浄、そして既存の棟の板金材を撤去し、片面粘着のルーフィング材を貼るところから始まります。

 

IMG_8120

 

IMG_8127

 

IMG_6110

 

IMG_6108

 

通常のルーフィング材はホッチキスみたいなもので固定していくんですが、カバー工法の場合はそれが不可能なので(下地が既存のカラーベストなので硬い。なのでホッチキスの芯が入らないとイメージしてください)裏面に粘着剤の付いたルーフィングを使用するんですね。

 

 

そして、その上に屋根材を加工しながら葺いていきます。

 

 

今回はニチハの横暖ルーフαSという、ガルバリウム鋼板で出来た商品をご提案しました。

 

IMG_8287

 

瓦と同じで下側から施工していきます。大原則として下の屋根材に被せて上の屋根材を葺くんですね。雨水がスムーズに流れるように。

 

IMG_8282

 

IMG_8279

 

IMG_8269

 

IMG_8280

 

IMG_8271

 

IMG_8615

 

IMG_8631

 

IMG_8633

 

IMG_8637

 

IMG_8630

 

IMG_8639

 

キレイに仕上がりました。

 

オーナー様にもこの写真をご覧いただきました。

 

これで20〜30年はメンテナンスフリーです。

 

 

 

明日月曜日から隣のハイツで同じ工事をします。

 

同じように塗装の施工不良からカラーベストが傷んでいますので、こちらも同じ施工をしていきます。

 

IMG_8273

 

IMG_8623

 

 

 

そちらの屋根でなぜ塗って5年で屋根が傷んだか。なぜ縁切りが必要なのかを説明します。

 

 

明日に足場、明後日に高圧洗浄なので水曜日に屋根に上がってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by orangeknight at 17:59

2021年06月06日

自分のお金で買うから

 

 

自分のお金で買った仕事道具はより大切にするものだ。

 

買ったときのことを覚えているから。

選んだりした過程。店やそのときの背景。

 

また、1年経っても3年経ってももっと経っても、買った人はその価格を覚えているもの。

「1万円もしたもんなぁ」と心の中で思うのだ。

 

人から与えられた仕事道具も大切にはするが、そのような事が感じられないからどうしても自分で買ったそれとは少し違う。

 

 

自分のお金を仕事道具に投資する人はその仕事でご飯を食べられるようになる。

 

反対に、投資せず、100均で揃えたり、会社や親方が仕事道具を揃えるものだと考えている人はなかなか食べられない。

 

 

仕事の道具を自分のお金で買うという行為はその人の本気度を表している。

 

本気度を数字に変換するには投資金額である。

 

投資というものはリターンがある。

 

積み重なるとすごい差がつく。

 

 

今の仕事で一人前になっている人は、仕事の道具を自分で買ってきた。間違いない。だから一人前になってきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by orangeknight at 11:42
ページトップ