社長の日記「つみかさね」

社長の日記「つみかさね」

2021年09月12日

今は河野さんだけは勘弁いただきたい

自民党の総裁が誰になるかで、我々一般国民の生活にも相当影響が出る。

 

コロナ騒動中だからだ。

 

河野さんだけは困る。コロナ騒動中でなかったらあのような方も良いと思う。しかし、今は困る。

 

菅さんのように表面上ワクチン推進ならいいが、河野さんは信者になっている。

 

ワクチンをより国民に打たせまくることを正義と考え、パスポートだなんだと叫ぶだろう。

 

もう買ってしまったワクチンを、実は効果が出ないからといって廃棄するのは政権の命運を左右する。

それは現政権で大臣だった、それもワクチン担当だった河野さんだけが絶対に言えないことで、他の人なら言えることである。

 

むしろ他の人ならそれを言い出せばヒーロー、ヒロインになれるというストーリーも描ける。

 

 

考え方としては石破さんは素晴らしい政治家だと思う。実際仲間がどれだけいるかが大切なので、次の総理は難しいかもしれないが、あのようなまともな人に国を任せたいと、たくさんの人が思っているのではないか。

 

大阪のコロナ煽り知事が今度はロックダウンをと言っているが、石破さんは感染拡大を防ぐために私権の制限には否定的だとずっと言っている。

 

私は自由がなくなるって恐ろしくないのかなと思うんです。

一度、自由を奪われることを想像してみたらいい。

与えられた自由だから今の日本人はありがたみが分かっていない。やたらと締め付けを求める。

自由というものは世界の歴史ではみんな命をかけて掴んできたものだ。

おじいちゃん世代にいただいた日本の自由を次の世代にきちんと繋ぐのが使命だろうと思う。

中国共産党は明日ロックダウンと言えば完全に実行できる。

 

国防全般や中国などに関する考え方、中東への米国の政策に対しての意見等も実に勉強になることを言われている。

 

ああいう人に総理になってほしい。

 

 

現実的には河野さん以外なら良い。岸田さんも良い人そうだし、高市さんも昔から少し武闘派的なところが勇ましい。

 

 

コロナが大したことがないウイルスだということ、やがて完全にただの風邪になると、まともな政治家や学者等知識人は分かっている。

 

しかし、それを口が裂けても言わず、さりげなく、徐々に出口戦略をとっていくのがこれからのシナリオ。国民を騙したまま終わりたいと進めていく。

 

そんな流れのなか、ますます我々にコロナの逆風を吹かす人が総理になるのだけは心から勘弁いただきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by orangeknight at 10:27
ページトップ