社長の日記「つみかさね」

社長の日記「つみかさね」

2021年06月08日

「外壁塗装」「不動産事業」のホームページを更新しました

「外壁塗装」「不動産事業」のホームページを更新しました。ご覧ください。

 

ホームページ改良

 

IMG_8798

 

 

 

 

ホームページ改良

 

ホームページ改良

 

 

 

 

 

 

 

posted by orangeknight at 15:13

2021年06月08日

「男らしさ」「女らしさ」

「男らしさ」「女らしさ」を考える。

 

最近ジェンダーとかSDGsに関するものを知ろうと、自分なりに本などで勉強している。

 

新聞や雑誌でもそれらの文字を見ない日がないほど関連する活字が日々踊る。

 

私1977年生まれは「男らしさ」「女らしさ」を求められる教育を受けて育った世代。

私はそれが正しい、また間違いだとは思っていない。いろんな考え方を知りたいと現在は考えている。

 

「男らしく言い訳をするな!」とは言うが「女らしく言い訳をするな!」とは言わない。

 

では男は言い訳をしない生き物で、女は言い訳をするものかと言えばそんなことはない。人それぞれだ。

 

たぶんそこには男は最後は腹を切るという、明治までの考え方が残っているような気がする。

 

女性も昔の方は腹を切らなくても、頚動脈を切ったり毒を飲んだりと、いさぎよかったものだが、なぜか男にのみそれを形容する。

 

風呂上がり、「熱いのぉ〜」と裸で男が出てくるのは許されるが、女性が「暑いなぁ〜」と素っ裸で出てきたら、私の感覚では美しくないと感じてしまう。はしたない。ふしだらなとまで私は思う。思ってしまう。

 

女らしくとはそういうものだとインプットされているのだろう。

 

男性、女性という2種類の区別では言い表せなくなった昨今、LGBTQという豪華なバーベキューみたいなアルファベットで多様性を共有するのがスタンダードだと言われる。

 

 

そんなことを考えていたらそもそも「男らしさ」「女らしさ」とは人工的に造られたものなのだろうかと思ってきた。

 

確かに、あえて文字にしますが「男まさり」な女性もたくさんいる。「女々しい」男性も特に最近は多い。

 

肉体的な力が男性の方が強く、女性の方が弱いために、遠く古にそのような文化慣習ができたのかなぁとも思う。それが逆なら女が狩りに行き、刀を持ち、タバコをくゆらせ政治をしたのかと想像がつく。

 

サザエさんのフネが「あなた〜もう一杯つけておくれ」とおちょこを片手に台所に向かって叫ぶ。波平が「は〜い」とエプロンをしてそれに応じる。

 

違和感がある。

 

しかし、それが「男らしさ」「女らしさ」の固定観念か。

 

難しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by orangeknight at 13:46

2021年06月06日

セミナー96「屋根カバー工法」

写真は昨日のもので、私と仕上がった屋根です。

 

IMG_8636

 

 

ご依頼いただいていました、屋根の工事が終わりましたので確認してまいりました。

 

 

場所は姫路市青山、築20年のまだまだ現役のハイツです。

 

IMG_7954

 

ご依頼内容は「屋根がかなり傷んでいるようなので見てほしい」というものでした。

 

ご紹介でしたので私が伺ったのですが、今までに見た事がないような酷い状態でした。

 

築20年で、5年前に塗装をされているのです。それがこのような状態でした。

 

IMG_8116

 

default

 

IMG_8114

 

IMG_8115

 

IMG_8118

 

5年前に塗装をされているのにカラーベスト(屋根材)がこの状態。我々の常識からしたらあり得ないのですが、理由はこちらです。

 

IMG_8124

 

縁切りがされていません。

 

私が指を指しているところはカラーベストとカラーベストの重なっているところなのですが、くっついています。

 

屋根の塗装をするとき、特に2回目の塗り替えでは、この縁切りが非常に重要なのです。

 

この話はイメージしてもらいにくいので、次回にもっと分かりやすく書くことにしますね。

 

 

ではカバー工法での施工の本題に。

 

このように傷んだ状態の改修工事で最も多いのがカバー工法と呼ばれる屋根の重ね葺き(被せ葺き)です。

 

既存の屋根をめくらず、そのままの状態で下地として使い、その上に新しい屋根材を施工するというものです。

 

 

工程としましては、まず足場を組み、高圧洗浄、そして既存の棟の板金材を撤去し、片面粘着のルーフィング材を貼るところから始まります。

 

IMG_8120

 

IMG_8127

 

IMG_6110

 

IMG_6108

 

通常のルーフィング材はホッチキスみたいなもので固定していくんですが、カバー工法の場合はそれが不可能なので(下地が既存のカラーベストなので硬い。なのでホッチキスの芯が入らないとイメージしてください)裏面に粘着剤の付いたルーフィングを使用するんですね。

 

 

そして、その上に屋根材を加工しながら葺いていきます。

 

 

今回はニチハの横暖ルーフαSという、ガルバリウム鋼板で出来た商品をご提案しました。

 

IMG_8287

 

瓦と同じで下側から施工していきます。大原則として下の屋根材に被せて上の屋根材を葺くんですね。雨水がスムーズに流れるように。

 

IMG_8282

 

IMG_8279

 

IMG_8269

 

IMG_8280

 

IMG_8271

 

IMG_8615

 

IMG_8631

 

IMG_8633

 

IMG_8637

 

IMG_8630

 

IMG_8639

 

キレイに仕上がりました。

 

オーナー様にもこの写真をご覧いただきました。

 

これで20〜30年はメンテナンスフリーです。

 

 

 

明日月曜日から隣のハイツで同じ工事をします。

 

同じように塗装の施工不良からカラーベストが傷んでいますので、こちらも同じ施工をしていきます。

 

IMG_8273

 

IMG_8623

 

 

 

そちらの屋根でなぜ塗って5年で屋根が傷んだか。なぜ縁切りが必要なのかを説明します。

 

 

明日に足場、明後日に高圧洗浄なので水曜日に屋根に上がってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by orangeknight at 17:59
ページトップ